青汁で健康サポート

青汁は健康に良い

粉末

豊富な栄養

人間が1日に必要な栄養を摂取するには、野菜を350g食べるのが理想だと言われています。ですが、それだけの量を食べるのは大変ですし、野菜によって含まれている栄養も変わります。青汁を飲むことで1日に必要な栄養を補うことができ、大量の野菜を食べずに済みます。

野菜ジュースではダメなのか?

野菜不足を解消するなら手っ取り早く野菜ジュースを飲めばいいと思う人もいますが、野菜よりも果物が多く含まれている場合があります。そのため、糖質の割り合いも多くなるのです。青汁なら野菜本来の成分を摂取することができるため、糖質を気にする人にも向いているでしょう。

青汁には糖質は含まれていないのか?

大麦若葉の青汁などには糖質は含まれていはいませんが、青汁の中にも糖質が含まれているものはあります。そのため、これから初めて青汁を利用する人で血糖値の数値が気になる人や、糖質が気になる人は、糖質が含まれていない青汁を選びましょう。

青汁を飲むタイミングは?

基本的に青汁を飲むタイミングに決まりはありません。飲む時間は自由ですが、効果を高めたい人は朝に飲むといいでしょう。1日の中でも朝はエネルギーが活発になりやすいため、青汁を飲むタイミングに向いていると言えるでしょう。

青汁を購入するには

ドラッグストアやスーパーなどでも青汁を購入することはできますが、より多くの種類から選びたい人は通販を利用するといいでしょう。通販ならたくさんの商品を比較して選ぶことができますし、初めて購入する人に向けてお得なキャンペーンを行なっているところもあります。

青汁を選ぶポイントとは

たくさんのメーカーから発売されている青汁の商品ですが、商品が多いため何を選べばいいのか迷う人もいるでしょう。特に初めて購入する人は何を基準に選べばいいのか迷うことが多くなります。そこで、青汁を選ぶ際の5つのポイントについて紹介します。

ポイントを抑えよう

原材料をチェック

青汁に使用されている原材料はいろいろありますが、大麦若葉の青汁を購入したい場合は、原材料に大麦若葉が使われているものを選びましょう。原材料に大麦若葉が含まれていないものもあるため、購入の際には注意が必要です。

原産地をチェック

安全性の高いものを選びたい人は、材料の原産地が国産になっているものを選ぶといいでしょう。必ずしも外国産のものが使われているからといって安全性がないわけではありません。ですが、国産なら厳しい基準が設けられているため、ひとつの基準となるでしょう。

材料の栽培方法をチェック

最近は無農薬の野菜が人気を集めているように、安全に青汁を飲みたい人は無農薬や有機栽培のものを選ぶといいでしょう。また、なるべく添加物が使用されていないものが良い人は、無添加のものを選ぶといいでしょう。

青汁のタイプをチェック

青汁にはいろいろな商品がありますが、粉末だけでなくジュースタイプや冷凍タイプなどもあります。ジュースや冷凍タイプは保存期限が決められていますが、粉末なら比較的賞味期限の長く設定されています。また、いつでも飲みたい時に水や牛乳などに溶かして飲むことができます。

価格をチェック

青汁は即効性があるわけではないので、ある程度の期間継続する必要があります。そこで無理なく続けるためにも、家計に負担の少ない商品を選ぶ必要があるでしょう。価格と商品に求める条件を考えた上で、どの商品を購入するのか決めるといいでしょう。